inakakunの日記

    上尾西バドミントン同好会の公式ブログ    

おいしい話には、裏がある!

「仕事」上のホントの事。

7年前の事です。

某管理会社の依頼で

千葉県船橋ある総戸数15戸の

賃貸マンションの管理をした時の

お話しです。

 

管理会社担当の電話で・・

「作業完了後に1Fに住む家主と一緒に

 昼食をして、お話し相手(30分程度)をしていただきたい。

 これ、INA●●さんにしか頼めない物件だと思います」

その昼食は、近所の「そば屋」「うなぎ屋」から

好きなものを注文して良いとの事。(家主負担)

即座に「OK」しました。

こんな、文字通りおいしい仕事

断る理由が全くありません。

 

家主様は

お話好きの、パワフルなおばあちゃん。

私の母親と同じ年齢でした。

親孝行のつもりで

同じ話し、同じローテーション

最後は、嫁の悪口・・・。

時々「へ~!そうなんですか」

  「それは、大変でしたね」

と返すだけの私。(この2つでOK!)

30分の予定が、延々3時間・・。

 

最初は、遠慮して「そば屋」に

天ぷらそば なんぞを注文していました。

3回目から・・

調子に乗って「うなぎ屋」に

うな重(松)をお願いし

優雅なランチも頻繁にありました。

月に2回なのですが、3年間も続きました。

 

その家主様は

故郷が岩手の陸前高田

港の魚加工場で働いて・・

30歳くらいで旦那様と知り合い

千葉に嫁いだとの事。

陸前高田の自慢も

よく聞きました。

「震災」のニュースで

この地名を見たり、聞いたりすると

この船橋のおばあちゃんの

顔が浮かびます。

 

inakakun